富士宮高校会議所第5回高校生パフォーマンス大会をソーシャルディスタンスに配慮して、開催しました。本日の司会は、富士宮高校会議所メンバーの富士宮西高校2年 佐野侑香さんと鮎田依音里さんの2名が務めました。

最初に、富士宮高校会議所 山田美月副会頭から以下の挨拶がありました。

「私は、富士宮高校会議所副会頭を務める富士宮北高校山田美月です。よろしくお願いします。高校生の力で、富士宮を元気にという企画でスタートした、高校生パフォーマンス大会も今回で第5回目を迎えることができました。新型コロナという災害の中ですが、今日は、高校生の音楽の力で、富士宮を元気にしましょう。最後まで、楽しんでください。」

最初にミュージックサークルの皆さんの演奏でした。

富士宮高等専修学校、富士宮特別視線の生徒及び卒業生、関係者によるハンドベルの演奏です。

「ベルの音色で聴く人を幸せに」

 

次に加藤学園高校でした。

「I want deliver passion with power of songs.」

ヴァレンティア、レイ、ステラの3バンドによる演奏でした。

次は、沼津中央高校でした。

「おもしろき こともなき世を おもしろく」

エスプレッソ、ライラック、ゲェテ、グリンピースの4バンドによる演奏でした。

 

次は、富士高校の演奏でした。

「パワフルな演奏を届けます。」

The bowl,柚子檸檬、こーへーシリンダーズ、432Hzの4バンドによる演奏でした。

最後は、第1回から参加してくださっている静岡西高校による演奏でした。

「Don`t  wanna lose it!」

クロスロードの演奏でした。

ここで、サプライズピアニストが登場しました。

コルニカさんの演奏でした。

富士宮高校会議所 卒業生と県東部高校生の演奏でした。

最後に、富士宮高校会議所 山田美月副会頭から挨拶以下の挨拶がありました。

「本日は、本当にありがとうございました。

今日は、楽しめましたか。

高校生の音楽の力で、富士宮をまた、各地域を元気にしましょう。

また、来年以降も続けたい共いますのでよろしくお願いします。

YouTubeをごらんの皆さんも本当にありがとうございました。」

最後に、出演者全員で、新型コロナ退散、皆さんの健康、来年の開催を祈って

三本締めを行い終了しました。

今回は、新型コロナ対策としてのソーシャルディスタンス及び動画配信等工夫して開催しました。

演奏した高校生達も久しぶりの演奏に楽しんだようです。

また、今回は、各団体が、演奏時に富士宮の魅力についてコメントしました。

富士宮の良いところの情報発信に役立ったと思います。

今回のイベントを開催できたのもひとえに富士宮AERA様他、地域の皆様のサポートです。

本当にありがとうございました。